着る物をシンプルに

服の断捨離で毎日のコーディネートが楽になった話

服の断捨離で毎日のコーディネートが楽になった話

数えるほどしか着ていないのに、何年もしまい続けている服たち・・・。

処分しようか悩んで、また押し入れに仕舞い込む。

例え不要なものだとしても、服の処分は、辛いかもしれません。

なぜかというと、服に限ったことではないですが、捨てるときは【すごく残念な気持ち】になるからです。

服ならば、少なくとも数千円のお金を支払って購入したモノだから「もったいない」感が強いのです。

「買ったのに着なかった・」「失敗した。」という事実に向き合うのは、正直言ってしんどいです。

例えそれが、どんなに押し入れを占領していようとも、どんなに役に立たないと分かっていても、「捨てる」のが怖い。

それで、つい後回しにしてしまいがちです。

 

だから、こう考えてみてはどうですか?

「それを買った時点で、お金は失われている。」

今、捨てるタイミングでお金がなくなるわけではない。

とうの昔にお金を無駄にした。

だから、その服は「無駄遣い」の象徴であり、今この瞬間に「無駄遣いをしない!という教訓を教えてくれた服」として、手放す。

 

私は、今まで購入した服の中で無駄遣いしてきたことにより、だいたい自分に似合わない服・着たくない服が分かってきました。

  • ジーパン以外のスキニーパンツ、レギンスパンツ
  • 太さの中途半端なボトムスパンツ
  • 膝上丈のスカート
  • タートルネックなどの首元まであるトップス
  • 小さめのTシャツ
  • 赤〜茶色系、明るい色、薄い色

これらのものはもう買いません。

「もう買わないぞ」と心に決めて、今ある「着ない服」を処分してみてください。

近藤麻理恵さん流に言えば、「ときめく」服だけが残ります。

クローゼットや押し入れにある自分の服の全てを把握できるようになれば、実際にコーディネートする時に驚くほど短い時間で決まるし、シンプルで気持ちが良いです。

 

また、思い出の残る服ってありますよね。

例えば、何かのイベントで着用したチームの服とか。

寄せ書きしてもらったTシャツとか。

飾ってないし、いつも見ているわけではないけど、ちょっとした片付けの時に見て思い出して、懐かしい気分になる。

それらを捨てると、その思い出ごと捨てるような気になってしまう。

私が最近気がついたことなんですが、【そのモノ自体を捨てても思い出はなくなりません】。

実際に処分しましたが、その服を着用していた写真も残っていて、それを見ると思い出します。

私はそのモノが大事なんじゃなくて、その時の思いや風景を思い出すことが大事だったんです。

だから、何かきっかけさえあれば良い。写真でもいいんです。

なんなら、写真なんてなくても、思い出す機会はあります。

例えば、寄せ書きしてもらったTシャツは沖縄旅行に行った時のものなのですが、沖縄のダイビングのシーンなんかをテレビで見ると、その時の思い出が蘇ります。

Tシャツを見るよりも、映像の方が多くの情報が頭に蘇る。

だから、「モノ物自体に拘らなくていいんだ」って思ったんです。

そのモノを捨てても、思い出はなくなりません。

 

もう一つ、これは私の10年前の経験談ですが、「5kg痩せたら入るパンツ」が捨てられずにいました。

当時は標準体型より少し太めのぽっちゃり体型で、「あと少しで入るのに」というスキニージーンズがあったんです。

ずっと何年も持ち続けていました。

その後、出産して子供が生まれて5kg痩せて、体型は変わりました。

でも、そのジーンズを見て「あまり好きじゃない」と思ったんです。

痩せてパンツを履けるようになったけど、着たいと思えない。やっぱり「もったいない」だけの服だった。

結局、私は自分に似合う服を後から購入したのでした。

 

昔はお気に入りの服だったかもしれませんが、数年経つとデザインが古くなったりしますよね。

もしくは、もともと体型に似合ってないかもしれません。

そういう服が捨てられないのは、「着るかもしれないから」という可能性があるから。

「可能性」を考えれば、家の中は捨てられないモノで一杯になります。

 

可能性があるモノを手放すのは、当然残念な気持ちになります。

だけど、今着るわけじゃない。使うわけじゃない。

想像はするけど、おそらく今後も着ない。

今の家にある服は全て、今の自分に似合う服ばかり・着る服ばかりであるべきだと思います。

 

今、家にある私の服は全部で以下です。

【奥にしまってある服】

  • 喪服
  • 卒業式や入学式に着るフォーマル
  • ドレスコードがある場所に行く時のワンピース2枚

【仕事関係】

  • ビジネスカジュアルパンツ2枚

【春夏】

  • トレンチコート1枚
  • カーディガン1枚
  • Tシャツ3枚
  • タンクトップ3枚
  • スカート2枚
  • ガウチョパンツ1枚
  • ワイドパンツ1枚

【秋冬】

  • ガウチョパンツ1枚
  • スキニージーンズ1枚
  • ワンピース3枚
  • 長袖ニット3枚
  • 長袖カットソー1枚
  • カーディガン1枚
  • ジップパーカー1枚
  • Gジャン1枚
  • ダウンベスト1枚
  • チェスターコート1枚
  • ロングダウンコート1枚
  • ショートダウン1枚

冬服が多いように感じますが、どれも気に入っていて現役で着ている服ばかりなので、今のところ手放すことは考えていません。

「ミニマリストになろう!」と思った日から2週間かけて断捨離したので、元々はもっと服がありました。

断捨離も全部を捨てたのではなく、長女が着れるものは長女に、パジャマにできるものはパジャマにするなどしています。

今のこの服だけになって、毎日本当にコーディネートがしやすくなりました。

  • この記事を書いた人

ぶるう

家族から「ママは宇宙人」と言われています。 お問合せやメッセージは、ツイッターにDMしてください。

-着る物をシンプルに

© 2021 100%インドア×ミニマリスト。