買い物をシンプルに

ミニマリストになれば、家計に余裕が生まれる

ミニマリストになれば、家計に余裕が生まれる

「ミニマリストになる!」と強く思った日から、「まずはモノを家に入れない・増やさない」ことを目指そう、と考えるようになりました。

なぜなら、家を見渡した時に、大量の日用品の備蓄があることに気がついたからです。

そんなに要らないのに。

 

  • トイレットペーパー
  • ティッシュペーパー
  • ボディソープ
  • 洗濯洗剤・柔軟剤
  • ハンドソープ
  • アルコール
  • 除菌ウェットティッシュ
  • マスク
  • アルカリイオンの水
  • キッチンペーパー
  • 紙おむつ
  • 重曹・クエン酸
  • 食器洗剤
  • 野菜ジュース
  • 調味料
  • お茶などの茶葉

 

この状況に初めて気づき、ショックを受けながら、amazonの定期オトク便をほとんど解約しました。

本当に必要になったら近所のドラックストアやスーパーで買うことにしよう。

押し入れに入りきらず、棚にまで侵食している日用品の備蓄は、もう消費していくだけです。

ただ消費していくだけで、部屋がどんどん広くなっていく。これは異常だったな。

 

また、特別読みたいわけじゃないのに、簡単に本を購入し過ぎていることに気がつきました。

とあるブログで紹介されていた本。

読んでおくべきだ、と思った本。

ちょっとしたきっかけがあれば、すぐに本を購入していました。

図書館で借りれる本もあるし、もう本を購入するのは本当に欲しい時だけにしよう。

 

日用品や本以外にも、簡単な気持ちで購入しているモノが出てくる出てくる・・・。

ミニマリストやシンプルライフを目指す大きなメリットの1つは、【支出が減る】ことだと思います。

本当に必要なものを必要なだけ家に置いておくことによって、使うお金は少なくなります。

さらに、保管したり整理したり、それを置いてある場所を掃除する労力もかからない。

それらが保管してあった場所に、入りきらなかったモノが入るようになる。

入りきらず外に出ていたモノがしっかり収納の中に入れば、家がスッキリ暮らしやすくなる。

家がすっきりすると、尚更、必要なモノだけを家に置いておきたくなる。

好循環です。

モノが減ると、見ていて良い気分になるモノやコトが浮き出てきます。

例えば、家族写真。今は棚に4つ、フォトフレームに入れて飾ってあります。

モノが棚の上にまで溢れていた時は、写真が見えなくなっていたのです。

余裕のあるスペースで料理をすることができるようになりました。

それから、部屋で広々とストレッチができるようになりました。

自分が「暮らしやすい」と感じる多くの機会を、見つけることができるようになってきています。

 

ミニマリストという生き方に気づき、家がスッキリし始めてから、「今までどれだけ無駄なお金を物に使ってきたのだろう。」と愕然とするし、ショックな気持ちは隠せません。

「このモノたちへの支出がもしなかったら、何ができただろうか」なんて考えたら、いたたまれない。

「家計が厳しい、もっと稼がないと」って思っていたけど、それよりもまずモノにお金を使うのをやめよう。

多くのお金を稼ぐことは大事だけど。

お金をたくさん稼いで、もっとお金を使ったって、幸せになるわけじゃない。

今ある生活にまずは感謝しないといけないな。

自分に、家族に、本当に必要なものだけを手に入れる。

当たり前のことのようで、全くできていなかったことでした。

  • この記事を書いた人

ぶるう

家族から「ママは宇宙人」と言われています。 お問合せやメッセージは、ツイッターにDMしてください。

-買い物をシンプルに

© 2021 100%インドア×ミニマリスト。